noimage

歯磨き粉に含まれる危険な成分とは?購入時に注意!

普段スーパーやドラッグストアなどで何気なく購入している歯磨き粉ですが、実は身体の健康にとって有害な成分が含まれているものもあります。
歯磨き粉は食品ではないため、使用される成分にとくに制限が設けられていないためです。
中には発がん性が疑われる物質が配合されているものなどもあり、毎日使う歯磨き粉だからこそ購入する際には含まれている成分にも気を付けたいものです。

歯磨き粉というのは、基材となるソルビット液などに研磨剤や薬用成分、発泡剤、香味剤など様々なものを加えて作られています。
研磨剤というのは、歯の表面を削って汚れを落とすための成分です。
香味剤や発泡剤は、歯磨き粉の味を調えたり、成分を口全体に浸透させやすくするために使われています。

主な研磨剤には、リン酸水素カルシウムや水酸化アルミニウム、無水ケイ酸や炭酸カルシウムなどがあります。
この中の水酸化アルミニウムは、人体に有害であると報告されている物質です。
水酸化アルミニウムは、主に日焼け止めやファンデーションといった化粧品類に多く含まれています。
この物質が体内に吸収されると、人によってはアレルギーを起こすことがあり、また味覚障害を引き起こしたり、アルツハイマー型の認知症の原因の一つになる物質ではないかとも言われています。

研磨剤は歯に付いた汚れを落として口の中を清潔に保つため、歯磨き粉にとっては必要不可欠な成分です。
しかし、研磨剤の効果が強すぎると歯のエナメル質を傷つけてしまい、逆に虫歯にかかりやすくなってしまいます。
ホワイトニング用の歯磨き粉やタバコのヤニを落とす歯磨き粉には、強い研磨剤が含まれていることが多いので、使用する際には気を付けなくてはなりません。

また、明らかな発がん性が指摘されている成分もあります。
その一つがサッカリンナトリウムです。
サッカリンナトリウムというのは人工甘味料の一種で、かつては食品添加物としても使用されていましたが、発がん性が報告されてからはほとんど使われなくなっています。

ラウリル硫酸ナトリウムも発がん性が疑われる物質で、歯磨き粉にも含まれていることがあります。
このラウリル硫酸ナトリウムは工業用の洗剤やシャンプーなどに含まれている成分で、皮膚に触れた場合には皮脂を落としすぎるために炎症を起こしてしまう場合があります。
また、人体に吸収されると味覚障害を起こしたり、肝臓や子宮などに蓄積されてしまうので注意が必要です。
ラウリル硫酸ナトリウムは、若年性白内障の原因になっているのではないかとも言われています。

湿潤剤として使用されることのあるプロピレングリコールにも、発がん促進作用があると考えられています。
プロピレングリコールには経皮からの吸収を促進する作用があり、歯磨き粉に有害物質が含まれていると、それらの成分を体内に取り込みやすくしてしまいます。

現在では医療が発達して、様々な病気が治療できるようになってきましたが、健康寿命を延ばすことも課題の一つです。
毎日歯を磨いているのに口内や身体の調子が悪い、歯茎から出血する、といった症状がある方は、これを機会に歯磨き粉の成分についてもよく確認してみてはいかがでしょうか。

関連記事
ページ上部へ戻る