虫歯の女性

歯医者で入れた詰め物が外れたら放置しない

歯医者で入れた銀歯などの詰め物が取れてしまったという経験をしたことのある人は多いでしょう。
仕事で歯を食いしばったり、何かの衝撃で取れてしまうなど理由は様々です。 詰め物をしている場所というのは、虫歯を削っている所です。
痛みがないからと放置していると、そこから虫歯になってしまうだけでなく、噛み合わせがおかしくなってしまうので、すぐに受診するようにしましょう。
東京などの都会で生活していると仕事の忙しさにかまけてすぐに通院しようとしない人がいます。
いくら忙しくても自分の大切な歯のために早急に動き出しましょう。

詰め物の種類はいくつかありますが、大きく分けると銀歯などを作って、接着剤で付けているタイプと、歯そのものにやわらかい樹脂を付けて固まらせるというタイプのふたつになります。
接着剤はお口の中に使える特殊なものですので、自宅にある糊などを使っても付くことはありません。
食事の際に熱い物や冷たい物が入るお口の中というのは、特殊な環境です。
噛む力も加わるので、長期間使っているうちに接着剤が劣化してしまったり、噛む力に負けることで詰め物は外れてしまいます。

外れた部分が虫歯になっていなければ、掃除してそのまま付け直すことができます。
歯医者に行く際には、銀歯など取れてしまったものがあれば持参するようにしましょう。
取れた時は、噛み合わせがおかしくなっているので違和感がありますが、放置し続けると慣れて違和感がなくなります。
その状態がいいのではなくて、噛み合わせがずれてしまっている状態なので、全身のバランスにも影響します。
取れたらすぐに歯医者に行くようにしましょう。

例えば、東京都板橋区に在住の方は、西台の歯医者で治療すると良いでしょう。
東武東上線と都営三田線に挟まれた西台は仕事帰りの際に通院しやすいところにあります。
ご自身の都合に合わせた歯医者を選択しましょう。

もし、詰め物が外れたまま放置していると、詰め物のスペースに他の歯が倒れ込んでしまいます。
歯並びが悪くなり、磨き残しが多くなってしまうので、虫歯だけでなく歯周病のリスクも高まります。
接着剤の劣化であれば、付け直せばすぐに元の状態に戻りますが、歯が移動してしまうと詰め物はそのままの状態では使うことができず、削り直す必要があります。
新しい虫歯ができてしまえば、より歯を削ることになるでしょう。

詰め物がある歯というのは、ただでさえ削られた状態です。
そこから新しい虫歯ができると、神経に到達しやすくなってしまいます。
すると、抜歯の対象になることも珍しくありません。
削ったり、抜いてしまった歯というのは決して元の状態には戻りません。

歯医者で入れた詰め物が外れた場合は、すぐに受診するようにしましょう。
治療期間を短縮するだけでなく、残っている歯を大切にすることにもつながります。
歯医者に行く際には、いつ取れてしまったのかも分かるようにするといいでしょう。
飲み込んでしまった場合も、正直に伝えます。

関連記事
ページ上部へ戻る